ショウの無駄話ブログ
見ているアニメを中心にゲーム、料理、コミックなどなどを書いていきます。
プロフィール

ショウ

Author:ショウ
好きなマンガはネギま
好きなキャラはエヴァンジェリン
好物はお酒全般
気が向いたら更新にしました・・・更新ストップのフラグ?



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

K (3)
MAG (4)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラングリッサーⅠクリア~
ラングリッサーⅠクリア~
ラングリッサートライソードがサービス開始とのことで、
久しぶりにやってみました。

今は便利になりましたね~
PSNでダウンロードするとPSPでプレイできますから。
ソフトを探さずに済みました。

ラングリッサーシリーズの特徴は色々ありますが、
特色が強いのは裏技のシナリオ選択とエンディングにあります。
エンディングはネタばれになるかもしれないので下の方に書きます。

シナリオ選択では好きな面を再プレイできるので、
レベル上げし放題です。
時間さえあれば攻撃99防御99の無敵キャラも作れちゃう。
・・・ラスボスはそこまで強くないんですが。

このゲームの謎なんですが、ステータス上ですよ?
ラスボスよりも中盤に出てくるボスの方が強いです。
攻撃力だけなら序盤に出てくるクラーケン(イカですね)とラスボスがほぼ同じ。
・・・どうりで序盤苦労したわけだ。あっはっは

説明書に出てくるクラス以外にも隠しクラスというものがあり、
出来るキャラは全部したんですが、
ありえねぇ。
このゲーム、主要キャラ(指揮官)に対して複数の部下(傭兵)がついて戦うのが基本。
そして傭兵は指揮官の指揮範囲内だと強くなる。
というか、範囲外だと戦えません。
ナームというキャラの隠しクラス、レンジャー。
本人が強くなるが指揮範囲0。
「戦いは数だよ。兄貴!」
このゲームでの一騎当千は時間を食うだけです。

PCからPSに移植したせいか。
一部キャラの最後が謎です。
ライアスとレシティアというキャラはウィキに魔物と戦い、命を落とすと書かれているのに。
・・・なかったよ?
ええ、そんなシーン、自分は見てません。
小説版では生きてるらしいので、ゲームでの設定だと思うんですが、
脇役だからな~、容量の関係で削除されたのかな?

ぼちぼちネタばれ書いても大丈夫かな?
古いソフトだから問題ないと思いますが。
エンディングです。
これはラングリッサーシリーズの特徴でもあると思います。
少なくともⅢはそうでした。

初回プレイ時はバットエンドのキャラが出ます。
完璧プレイ(味方を一回も撤退させない)派の人は大丈夫なんですが、
このゲームは次の面では復活するので気にせずプレイするとバットエンドです。
序盤の攻撃力の強いだけの雑魚キャラが天敵です。
撤退したことあるキャラの後日談は大抵バットエンド(死)です。
悲しいのは撤退回数だけはどうにもならないので、
ハッピーエンドが見たかったら最初からプレイしなおすしかないとこですね~
Ⅲのエンディングで大抵のキャラがバットエンドになったのは記憶に残ってます。
あ、ちなみにシリーズでの初プレイはⅢです。

では、アニメ見ます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://syouakm.blog.fc2.com/tb.php/191-fb11a75a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。